「俺の屍を超えてゆけ」 日記 



最近はオレシカのアーカイブをvitaでずっと遊んでました


このゲームは15年も前にプレステ1で出たRPGなんですが

どうやら今年の夏にvitaで2が出るとの事でちょっと調べてみた結果ね

なんと僕の大好きなゲーム「リンダキューブ」のシナリオライターと一緒じゃん!

って事が判明して興味を持ったのでプレイしてみた所存・・・

とても面白く1週間ほど、のめり込んで、600円では十分すぎるほど堪能した。


【オレシカのここがすごい!】

☆パッケージがすごい

上の画像のように赤い背景に男の子の顔面のドアップってね・・・

15年前といえば僕もゲーム屋に足を運んで買物してた時代ですよ

確かにあったあった。こんな目を引くパッケージw


☆タイトルがすごい

「俺の屍を超えてゆけ」このタイトルだけでは何のゲームか分からない

パッケージと相まって異質を放ちすぎです。


☆当時のテレビCMがすごい

https://www.youtube.com/watch?v=I7o9yhORJ-o

「じいちゃん最後に何だって?」これもインパクトが凄い。

ちなみにPS版が1999年に発売。PSP版リメイクが2011年に発売。

CMを比べて見ると出演者が12年老けてるんだよね・・・内容にも沿ってて面白い演出!


☆オープニングがエロい




子供を人質にとられた女が「あたしを好きにして」と何度も言わされるシーンを見る事になる。


☆黄川人の個性がすごい



とあるステージのボスに会いにいくと唐突に「子供を返して」と言われる

プレイヤーは初見では、え?え?何の話?となるのですが

のちにシナリオが徐々に紐解かれてゆくのだ・・・

一方このセリフに対するキーキャラクター黄川人のセリフがこちら



これはひどいw

ちなみにCVは名探偵コナンでお馴染みの高山みなみ。これがまたアツい。

攻略サイトなんか見ると「黄川人語録」なんて項目をよく見かけるほどの名物人。



で、結局どんなゲームなのかと言うと

ジャンルはRPGなんだけども

内容はダービースタリオンのように馬の代わりに人間を育て

そして金(点数)を稼いで子供作ってを繰り返す・・・

そんな世代交代型スタイルの為、俗に「人間ダビスタ」と呼ばれてるそうだw

ちなみにオレシカの主人公は生後8ヶ月で子供が作れるようになり、

約2年もすれば寿命で死んじゃうという設定である。




僕は14代目で全クリできました




最終ステータス

能力の表現が「心技体」の「火、水、風、土」という名称である為、

最後の方までイマイチ意味を理解できていなかった模様w





最終装備

特に攻略も見ずに適当に進めたけど結構いいのが揃ってた模様

職業は基本は「薙刀士」ばっかり使ってたけども

「天ノ羽槌」という2回攻撃の武器を手に入れてからはずっと「壊し屋」を愛用してました





最終メンバー

なぜか全員ガングロで異常な赤髪率w

あとで調べてみると素質の「火」の能力が高いと見た目がこうなってくるらしい。


難易度は一応「しっかり」モードで、

縛りとして「ロードをしない&難易度変更しない」でプレイしたけど無事クリアできました。


これは2をせざるを得ない

今年はやりたいタイトルが多いというのにだ

つまり、ネトゲをやる時間は・・・(察し)




category: 雑記

コメント

コメントの投稿

  ※「http」は禁止ワードです

Secret

プロフィール

ゲームタグクラウド

カテゴリー

リンク

スパロボカウンター

最近のコメント

BGM

逆アクセスランキング

アクセスランキング

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

応援バナー