スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


category: スポンサー広告

コメント: --    

「レミニセンス」 感想 



クリア感想、ネタバレ含む


最初に思った事




あぁ…やっぱトモセの書く女の子はかわいいぜ!


しかし勿体無い事にこの赤い髪の子はヒロインですらなかった・・・


さて、本題に入る前にこのゲーム「レミニセンス」は

姉妹ブランドから出てる「暁の護衛シリーズ」と世界観を引き継いでいるという点について少し。

僕的には暁の護衛シリーズが好きだったのでその流れで続けてプレイしたという事になるのだが

僕の予想してたものとは違った意味で面白い作品だった。

レミニセンスは暁の護衛の続編か?と言われると

時系列では確かにそうだがストーリーの本筋自体は繋がってないので別々にプレイをしても大丈夫だと言えます

もちろん暁の後にこれをプレイするとニヤニヤするシーンがあるのだが、

逆にこっちからやって過去作である暁を後にやっても同様なので問題なしというわけだ。


「レミニセンス」の感想に入るが、

一言で言うと "共通ルート" が面白くて "個別ルート" が色々残念だった

"個別"というのはヒロインを攻略して楽しむギャルゲー要素であるが

そこに辿りつく前にとてつもなく長い長い"共通シナリオ"を進めて行く事になる

主に主人公の【外交官】としての仕事っぷり(交渉術)をしていく流れが面白いのである

作中では街と街との交渉を行う者達は"特務官"という造語で呼ばれているが、要するに外交官である

主人公を筆頭に頭脳を駆使して交渉する様はよく作りこまれてて関心した

暁の護衛の海斗が腕力無双ゲーだとしたら、レミニセンスは頭脳無双ゲーとも言える

共通ルートでは個人的に「片桐食料プラント編」、「競売編」が面白かったです


おおまかな流れ

・「片桐食料プラント編」
  ↓
・「CM交渉編」
  ↓
・「競売編」
  ↓
・「違法アンドロイド(前編)」
  ↓
・「ラモール編」
  ↓
・「個別ルート」
  ↓
・「違法アンドロイド(後編)」

となっている。(一部ヒロインは個別ルート後にエンディングを迎えるが。)


食料プラントでの"薬物α"や、CM交渉での凜の"アンドロイドを見抜く力"などが

のちのちのストーリーに繋がる複線になってるのも丁寧で良かった

競売では無双状態だった主人公に対してライバルの高坂特務官が土を付けて敗北を与えるのもグッド。

CM交渉と違法アンドロイドに関してはストーカーは誰か?やスパイアンドロイドは誰?などの

謎関連がバレバレすぎて展開が読めたので尻すぼみに感じた。

ラモールに至っては全体的に内容が薄かった。

いやしかし共通ルート基本面白かったですねぇ

自分がやってるのがエロゲだという事を忘れてしまうくらい真面目な話が延々と続くのである

それも15時間かそこらぐらい。




[個別ルート]



一人だけ独立してる話であったが「秋√」が一番面白かった

無理やり記憶を塗り変えるなどの、ご都合主義な展開だけど許容範囲かなぁ

所々にあった秀隆の『ついでに秋をイラつかせる発言をしておく』にも意味が出来たし

愛佳への虐待を簡単に見抜けたという理由も納得であった。

それと5年前のまどかが可愛い。




[ギャグ要素]



選択肢ネタなど暁の護衛シリーズを彷彿させて懐かしかった

でも正直言ってギャグのレベルは落ちたと言わざるを得ない

まぁ秀隆と海斗との性格の差ってのもあるけど

サブキャラのギャグ担当要員がちょっと弱かったかなぁ…

アクセラ=ツキ、磯部=尊 に該当するけど比べちゃうと質が落ちちゃうのは仕方ないか。




[バグ、不具合]



あいかわらずの誤字脱字の多さ

まるで成長していない・・・。

ver1.02にしても10箇所ぐらい見つけたかなぁ

さすがに"竹内代表"には笑った。




「恭一視点」



視点が変わり主人公が画面に映るようになり声も付く・・・

珍しい演出ではないが、やはりテンションが上がる!

基本はキズナ√の視点変更にすぎないのだが、

恭一が高坂特務官を引きずり回すなどのシーンは面白かった。

あと時間軸がちょくちょく前後してたのは何だったんだろう?

恭一ルートでは規制緩和後に画家を探しにいく話になったり、

キズナが柳沢に攫われたと思ったら、まだ攫われる前に戻ったりと・・・。

わざとなのか、不具合なのか分からなかったな。






そういえばコレも

キャラ絵が重なってるのは不具合だよね?

デバッグに問題ありなのか、テストプレイした奴が節穴なのか・・・。




恭一ルートで気になった所



下層区画でのこの台詞は暁の護衛での禁止区域?との比較って事でいいのかな

最初、恭一が下層区画は落ち着くと言ってるのは禁止区域に似てるからかと思ったんだけど

もしかしたら150年前の土地そのものが地上からの遺跡として残っていたという意味なのかも知れないね。

五十嵐達のような禁止区域の住民に比べたらレベルが落ちたと言われても仕方ないな・・・。




人気投票



ホームページのキャラクター欄にすら載ってない長谷川恋が1位な所に笑った。

長谷川の両親と島津の両親が5年前の同じ時期に別々の街で同じように落盤事故で死んだ(殺された)という話は

ファンディスクで回収してくれるんだろうか?

そもそも地上でまだ生きているという可能性も残っているがね。


category: 雑記

tag: レミニセンス 

コメント

コメントの投稿

  ※「http」は禁止ワードです

Secret

プロフィール

ゲームタグクラウド

カテゴリー

リンク

スパロボカウンター

最近のコメント

BGM

逆アクセスランキング

アクセスランキング

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。