スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


category: スポンサー広告

コメント: --    

「STEINS;GATE」 20話 感想 



シュタゲーアニメ20話

綺麗な綯たん回


萌郁の盗んだIBN5100を取り返しに行こうとするオカリン



無理やりロッカーをこじ開けようとするが助手に諭され諦める

これは世界線収束の法則によりIBN5100が手に入らない事は確定しているから

どう頑張ってもオカリンは手に入れる事が出来ない。




FBはミスターブラウンでした

要するにネカマというわけだ。

「萌郁はこの世界線では死ぬ」というのは決まっている事なので

FBにより殺されてしまう。




娘の綯が人質の為やむなく自殺

SERNの家畜となるのも生きる為に仕方なく

とはいえ、未来人の鈴羽との因縁を考えると皮肉なものである。





なにこの美少女

これがあの綯たんだとはなぁ・・・。


原作では暗黒面に堕ちた狂気の綯たんが見れるんだけど

あまりに残酷な為、また本筋に差し支えないストーリーの為カットされた。

これは原作厨では批判が多そうだけど

僕的にはアニメはこれでいいと思う。



余談だが

ラウンダー二人が死んでシリアスな所



オカリンがゲロを吐いて




その手で萌郁の手を握ってる所に笑ってしまった。


さて最後に第1話の複線

萌郁のDメールを取り消し、IBN5100が手に入った世界線に戻ってきたオカリン

あと残すのは最後、SERNに目を付けられる原因となった最初のDメール

「牧瀬紅莉栖が死んでいる」というDメールを取り消さなくてはいけません

まゆりにする?紅莉栖にする?

究極の二者択一を迫られる次回に期待




category: 5pb.×ニトロプラス

コメント

コメントの投稿

  ※「http」は禁止ワードです

Secret

プロフィール

ゲームタグクラウド

カテゴリー

リンク

スパロボカウンター

最近のコメント

BGM

逆アクセスランキング

アクセスランキング

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。