スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


category: スポンサー広告

コメント: --    

「STEINS;GATE」 16話 感想 



シュタゲーアニメ16話

失敗した


鈴羽の父親は~・・・


まゆり 「ダル君です♪」



鈴羽 「父さん・・・!」
ダル 「こういう時はパパと呼びなさい」



見事まゆりが鈴羽の父親を探し当てた事により、

鈴羽は本来の目的通り1975年へタイムマシンで過去へ向かいます

IBN5100を岡部倫太郎に届ける為。


予定としては35年前に鈴羽がIBN5100をゲットし、

2010年に渡しに来る事になっています。

現代の時間でいえばタイムマシンで飛び立った数時間後。



しかし現れたのは



鈴羽からの手紙を持ってきたミスターブラウンであった。

ミスターブラウンは過去へ飛んだ鈴羽と知り合っていた

2010年にバイトとして雇ってもらった因果で、

1975年には恩人となっていたというのは良い話である。




手紙の内容は



失敗した。


結局失敗していたのである。

よって鈴羽の失敗を取り消す為にDメールで過去を改変します

それは鈴羽を引き止めたあの日から、

タイムマシンを修理し父親を探した今日までの日々までも

全てを消し去ってしまう事になる。



ちょっと勘違いしてたけど、

ここの鈴羽引き止め取り消しDメールが√の分岐でした

鈴羽との日々を取り消さずまゆりの死ぬ世界線で足掻くのが

原作でいう鈴羽√になります。

これの話はもうゲームをやってもらうしかないです。




鈴羽がタイムマシンで無事に過去へ行った世界線



もう過去へ行って病気でなくなった為、これから鈴羽は出てきません。

代わりにダイバージェンスが変わり、まゆりが死の時間になっても生存しています。

しかしここはまだ1%の向こう側ではない。ということは?

この世界線ではまだSERNのディストピアは出来るという事。



鈴羽は過去へ行きIBN5100を手に入れたはずです

それがどうやってオカリンの手に渡るのか?という疑問の中


16話終了


category: 5pb.×ニトロプラス

コメント

コメントの投稿

  ※「http」は禁止ワードです

Secret

プロフィール

ゲームタグクラウド

カテゴリー

リンク

スパロボカウンター

最近のコメント

BGM

逆アクセスランキング

アクセスランキング

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。